FC2ブログ
パグも10年生きてりゃ、いろいろあるさ。 食っちゃ寝のクー丸(♂)にだって、お役目はあったのよ。
             
     
                 
     
                    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クー丸の足(14)・・紙おむつ   
椎間板ヘルニアのせいで、
尿意のコントロールが利かなくなっているクー丸は、
相変わらず興奮すると、家の中でも点々とおしっこをしてしまう。

鍼灸治療で、
散歩中たま~に足を上げておしっこを出来るようにはなったみたいで、
それは大きな進歩

でも・・・やはり家の中を自由に歩かせてあげたいから、
おしっこの点々漏れは、なんとかしたいかな・・・

そんなわけで、ワンコ用の紙おむつを購入してみました。
14701.jpg

でもでも・・・・
す~ぐ脱いで、こんな状態で床に放置してあるのは、
予想通りだったかも



何があっても、いつも元気なクー丸君、
先週はおでんようの「さつまあげ」をひとパック、
こっそり持ち出して、ぜ~んぶ食べちゃいました。

そんなわけで週末の鍼灸治療のときに、
体重が3~400gも増えていたので、早速減らさなくちゃ

007.gif

そうよ、
でもクー丸がいけないんでしょ

スポンサーサイト
クー丸の足(13)・・組織検査   
よ~く見ると、黒いほくろはクー丸の身体のあちこちにいっぱい

早速今日、かかりつけの獣医さんに行って来ました。

尿検査のために採った尿を持って行き、
ほくろのことをお話してみました。

すると平らなほくろは心配ないけど、
盛り上がっているのは、いちおう組織検査に出してみましょうか・・・
ということでしたので、お願いしました。

ほくろの先をチョキンとはさみで切られたクー丸・・・
軽い麻酔はあったものの、ちょっとは痛かったと思うのに、
「ググググ・・・・」って言うだけで、キャンとも言わない。
やっぱり痛みに強いらしい・・・・


組織検査の結果は1週間から10日後くらいにわかります。
何でもないといいな。

このところ、
父が胃がんだの肺炎だの、MRSAだのって、
入院を繰り返していたし、
クーパパは足の肉離れを起こして、
クーと同じように足を引きずって歩いていたりした。

幸い、どれもそれほどひどくならなかったので、
クー丸のほくろも何でもないといいな~~

06100701.gif


そうね、
おりこうに治療したから、大好きなおやつあげるよ!


ところで、今日の「真相報道バンキシャ!」広島ドッグパーク崩壊について取り上げていました。

ペットの管理を任されていた業者へのインタビューや記事を聞いていて、怒りに震えました。

動物への愛なんて微塵もなく、お金のことのみだった人だそうです。

破産とかしてどうしようもなく、仕方なく・・・
こうなってしまったのだとばかり思っていたのですが、
故意にあの状況を作った、としか思えない内容のレポートでした。

あんなひどいことになる前に、いくらでも方法があったでしょうに

1年以上もの間、狭いゲージに閉じ込められ、
えさも水もろくにもらえず、病気になって死んで行く、
生き地獄を故意に作ったのですね。

動物にそういうことを平気だと思える人は、
人間にだって同じ思いでいるのでは・・・などと思ってしまいます。

なんとか罪に気付いて欲しいものだと思いました・・・・





クー丸の足(12)・・今度は?   
今日も針治療へ行って来ました。

この1週間のクー丸は、
元気余り気味のいたずらっ子になっていて、
なんだか効果があったような気がしていました

お医者さんにも、「目付きがしっかりして来た」
と言われたように、
診察台の上で、いたずらしようとジタバタしていたのです

鍼灸の直後に、痛みの反応が弱まったりしているし、
少しずつ良い方向に向いているみたいです。

自宅で簡単に出来る葉巻みたいなお灸(熱気を近づけるだけのもの)
や、足に塗る滑り止め、
それから身体に良い健康食品「マコモ」の顆粒、マコモ入りのクッキー。
いろいろご紹介頂き、持ち帰りました。

0610071.gif

はいはい、今日は栗も茹でましたよ。
でもカロリーに気をつけなくちゃいけないから、
その分ドライは減らしますからね~~


ところで、帰り際にふとクー丸の足を見ると、
新しい黒いほくろが・・・・・

先生に聞くと、「・・・・・行き付けの獣医さんで、
メラノーマでないかの検査をしてもらってください・・・」
とのこと
061007.gif

動くので、上手に写真を写せませんでしたが、
5~7mmくらいの大きさ。

なんか気になるので、早急に行ってみたいと思います・・

クー丸の足(11)・・鍼灸治療   
父が内視鏡による胃がんの手術後、
肺炎を併発してしまって、バタバタしていたので、
ちょっと更新が遅くなりました。
今日はやっと父も安定したのでもう安心です。

そんな今日、初めて鍼灸治療の病院に行って来ました。

本当に動物好きなんだなっていう人柄が滲み出た先生に、
いろいろと説明を聞きました。

そこの獣医さんでも、以前はヘルニアの手術もしていたそうですが、
術後が思わしくなく、
かえって鍼灸だけの方が治る症例が多かったので、
今は手術はしていないそうです。

ただ、ダックスとパグのヘルニアはちょっと違うらしく、
バグは歩けないというまでには悪化しない代わりに、
治療をしても、完治もしないのだそうです。

もちろん治療前よりずっと状態は良くなるそうですが、
完治しない、という事には、
パグにはパグだけにある病気、パグ脳炎があって、
脳と脊髄には密接な関わりがあるので、
そういう体質が関係しているらしい・・・とのことでした。

そんな会話をしながら、手はもう処置を始めていて、
クー丸の背中の悪い部分に、お灸の火が付いて・・・
クー丸は、きょとんとしながら私達の顔を見ていましたが、
特に悪い気分ではなさそうな表情

鍼も数箇所に次々と・・・

ワンちゃんにとって、鍼灸は気持ちのいいものらしく、
はじめはきょとんとしていても、
通ううちに大好きになっちゃうらしいのです。
へ~とびっくりしましたが、
なんだかクー丸もそんな雰囲気でした。

しばらくは週に一回通ってみようと思います。

フローリングで滑ってしまうのも、良くないらしく、
滑り止めの靴下を購入しましたが、
クー丸、数秒で壊しちゃいました~~~

0609302.jpg


骨や、パグに良い食材を聞きました。
いんげん、きぬさや、くり、豚肉、鳥軟骨、チンゲン菜、
ブロッコリー、だいこんやカブの葉、きゅうり、
すいか、メロン、みずな・・・

これからはおやつや食事に取り入れようかな~~

060926_1.gif


そうよ、
クー丸、うれしい




クー丸の足(10)・・温泉療養?   
今日はいつもの動物病院に、
大学病院の報告と今後の相談に行って来ました。

今より悪くなることはなさそうなのであれば、
回復の可能性の低い手術は、もう少し考えたいので、
まずは理学療法を試してみたい旨をお話してみました。

すると、「温泉療法、針灸、レーザー、どんな方法・・・・」
とのお話の途中で、「え?温泉ですか?」と、
リラとタッキーはオオウケ

なんでも人間と同じなのね~~

お鼻のつぶれた犬種にはあまりおススメではないらしいですが、
「毎日温泉に通って、優雅にクーの治療出来たら楽しそうだね」
とため息~~

伊豆までは通えないので、
まずは針治療をしてくれる獣医さんを紹介してもらいました。

ちょっと遠いし、タッキーの大学の講義も始まってしまったりで、
大変そうだけど、なんとか頑張りまっす

06080901.gif

さっき食べたばっかりでしょ

                     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。