FC2ブログ
パグも10年生きてりゃ、いろいろあるさ。 食っちゃ寝のクー丸(♂)にだって、お役目はあったのよ。
             
     
                 
     
                    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチゴよりリンゴ   
20070211


足がヨボヨボなのに、相変わらず元気いっぱいのクー丸です。

なのに頭だけはどんどん良くなって行っているのです~

次男チョコボが、
クー丸が「自分に、とっても都合の良いこと&悪いこと」に関する単語を
覚えることの早さを面白がって、
「リンゴ」を初めて食べて大感激したとき、
さっそく食べさせながら、ゆっくり「り・ん・ご」と数回発音して教えました。

すると次にはもう、「クー丸、りんごだって」という言葉だけで、
大喜びしたのです~~

数日後にこれも喜ぶかなって、イチゴをあげると、
「なんじゃこりゃ~~~?」と怪訝な顔~


クー丸、そんなにりんごが好きなの~~?
そりゃそうよね、これは私の友人が安曇野で大切に育てている
特上&特大サンフジだものね~~
クーさん、お目が高い!


話は変わって、
10歳の時から苦労してクー丸の世話をしている長男タッキーは、
クー丸の中にある「猫っぽさ」に、
ちょっと不満を感じていました。

・・・ボクが雨の日も雪の日も、風邪(?)の日も
散歩に連れ出し、ご飯もあげているのに、
コイツの都合のいいときだけしか甘えない・・・・
クー丸は実は猫じゃないのだろうか・・・・


そんなある日、バイトの休憩を公園でしていると、
野良猫が来て、それはそれはかわいく膝に乗ったり、
じゃれ付いたりと、うれしくなるくらい懐いてくれたのだそうです。

でも!!
帰ろうとしたタッキーが、食べ物を何もくれないと知った途端、
態度が豹変し、
愛想もなく、目も合わさない、それどころか、
ガンを飛ばしていた・・・・らしいのです。

それには動物好きのタッキーも、さすがにそうとうショックだったようです・・・


「その子はそうやって食べ物を得ることを学習して、そして生きているんだね、頭イイ子だね、えらいね・・」

そう言うリラに、

「そうだね・・・クー丸の気まぐれなんてかわいいもんだと思ったよ、
こいつはこれでもかなり、『いぬ』だね」

なんて、妙な納得をしていました~~


スポンサーサイト
                     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。