FC2ブログ
パグも10年生きてりゃ、いろいろあるさ。 食っちゃ寝のクー丸(♂)にだって、お役目はあったのよ。
             
     
                 
     
                    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『順位争い(3) 』   
家族でサッカーを見ているとき、
クー丸はパパの足の上がお気に入り(一回座ったら、めったに動かないから)
PICT0004-1.jpg

↑遅くまでうるさいニャ

_________________________

『順位争い(3)』



クー丸の弱点は「しっぽ」
どんなに元気に騒いでいる時も、しっぽをギュッと握ると、
「あ、なにするの?やめて・・・」ってお顔になって、
プシューン・・・と元気がなくなっちゃうんです~

「ドラゴンボールのゴクウみたい~」って子供たちは興味深々♪

他のワンちゃんもそうなのかな~?

でも長男タッキーは、それはそれはクー丸を可愛がっているし、
虫や動物に対する愛情も深いから、
観察して、そして不思議がって、ちょっと面白がったら
もうそれ以上は試したりしません。


ところが次男チョコボは違います。
小さい時から、「それは熱いよ」と言われても、
自分の手で触って熱い事を確かめないと気のすまない性格です。

小さい頃は、「それは刺す虫よ」と言っても、
蜂を手で捕まえて刺されてみたり、
カマキリやセミの羽や足を完全に分解バラバラにしてみたり、
生きた魚を手で捕まえて、あれこれ観察してみたり、と、
好奇心でいつも目がキラキラの子でした。

小学校の2~3年生の頃のチョコボには
虫よりずっと複雑な「犬」のクー丸は、不思議のかたまりだったのです。

ふっと見ると、チョコボがクー丸の足を持って動かしています。
好奇心で観察しているのですが、関節に逆らって動かしていないかと
リラは内心ヒヤヒヤでそっと見守ります・・・
そのうち、クー丸の鼻に思い切り息を吹きかけます。
クー丸はその一瞬息が出来ない。
続いてデコピン!、お鼻にも!

さすがにクー丸も怒ります、「ゥ・・ワン!」
でもすぐ次にチョコボはクー丸のしっぽをギュッ!

クー丸、なさけな~いお顔で、リラに「助けて~」と目で訴えます。

ここでリラに注意され、チョコボの観察は終了しますが、
お部屋にチョコボとクー丸しかいない空間の時、
何が起きていたかは、今でも謎・・・・
スポンサーサイト
              
コメント
がんばれ!
リラさん♪
北海道へライラックを見に行ってきたんですね。
う~ん!ライラックって一言で言うけれどすごくいっぱいいろいろな種類があるんですね。びっくりしました。

さて、クー丸君の天敵、チョコボ君全開ですね。がんばれ、クー丸君!!
クッキーもしっぽをつかまれると「何するんだよe-270」と情けなそうな顔をしますよ。

いよいよ今夜から、日本戦がはじまりますね♪寝不足になりそう・・・
がんばれ、日本!!v-496

---------- ありんこ [ 編集]* URL * 06/12, 21:12 -----
ありんこさんへ
サッカー・・・・残念(>_<)

クッキーちゃんもしっぽをつかまれると、情けないお顔になっちゃうのね。

どうやらしっぽってとても敏感で、ワンちゃんの急所だったらしいのです・・
なるほどでした。
---------- リラ [ 編集]* URL * 06/13, 02:28 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

           
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。